シャインマスカット

美味しいブドウへのこだわり

commitment to quality

美味しさの秘密は地道な栽培。

甘くて美味しいブドウができるまでには、年間を通して毎日の細やかな手入れが必要です。
どれをとっても手を抜くことのできない、一つ一つ大事な作業があります。

2020_0924.jpg

土づくり

米ぬか配合の特製堆肥で土づくりをしています。ぶどう園いっぱいに敷き詰めて、有機肥料を活用したフカフカとした良質な土壌での栽培を行っています。

2017_0854.jpg
2017_0863.jpg
2021_1507.jpg

減農薬栽培

「農薬を減らす」ためには、農薬を使用しない環境づくりが大切。除草剤を使わないためにこまめに草刈りをしたりするなど、とにかく手間をかけた栽培を心がけています。

2011_1083.jpg

害虫が越冬できないように、高圧洗浄機で樹皮はがし!

2021_0479.jpg

剪定作業・焼却

葉っぱが茂った木々をイメージし、風通しの良くなるように枝を切り落とします。病原菌を持つ可能性のある落ち葉は一緒に燃やし、灰は土壌改良に使用します。

2020_0749.jpg

房の整形

まだまだ小さい段階から、房の1つ1つハサミをいれて、形を整えていきます。これを成長段階にあわせて何度も繰り返します。

2020_0784.jpg

袋かけ

1房1房に袋かけ。害虫や病原菌からの被害を防ぎ、実が傷まないように保護します。

2010_2554.jpg

水やり

水分量によっては、実がしぼんだり、割れてしまったりするので、毎日天気を見ながらスプリンクラーで水を調整します。

2020_0977.jpg

収穫

収穫期が始まったからといって、一斉に端から順に収穫をする訳ではありません。微妙に違う熟す時期を見分けながら、一房一房、最高に美味しい時期を峻別します。

そして、収穫は早朝!甘くてみずみずしいブドウをお届けするために、朝摘みを心がけています。